令和3年度を迎えて

 

 暖かな春の風に迎えられ、令和3年度がスタートしました。

 みなさん、こんにちは。着任3年目となりました、校長の加藤 勲と申します。よろしくお願い申し上げます。

 昨年度は、臨時休業から始まり、分散登校、一斉登校と安全を第一に、段階を踏んでの学校教育活動となりました。今年度は、始業式・入学式と通常のスタートが切れましたが、再び日本中で新型コロナウイルスによる感染症が広がりを見せ始め、今、一人一人の行動が問われている状況にもあります。学校が安全・安心な環境を取り戻せるよう、一日でも早い終息を願っています。

  さて、本校は、昨年度は開校60周年を迎え、細やかですが周年式典も挙行させていただきました。その節は、地域・保護者の皆様にも多大なるご協力をいただきました。改めて深く感謝申し上げます。周りに高層住宅が建ち並ぶ枝川小学校は、児童数も昨年度より増え、今年度は全校児童800名、27学級でのスタートとなりました。

 

本校の教育目標は3つあります。                

   ○進んで学び考える子

 ○互いに認め合い、思いやりのある子 

   ○最後までやり抜き、たくましく生きる子

 

  

 

を掲げ、その実現に向けて、保護者・地域・学校が共に「チーム枝川」として一丸となり、子供たちの教育に協働して一生懸命に取り組んで参りたいと考えています。そして、子供一人一人の「夢」や「生きる力」を育み、子供たちの笑顔あふれる楽しい学校づくりに全力を尽くしていきます。

 

私の学校経営のモットーは

 ○子供たちにとって「学びがい」を

 ○教職員にとって「教えがいと働きがい」を

 ○保護者・地域にとって「応援しがい」を

 ○学校に「元気を! 

 

 そしてスローガンは、今年も『楽しくなければ、学校じゃない!』 です。また、このコロナ禍においても誰もが満足する『当たり前のことを当たり前に行う』学校として

 子供たちが、「学習が楽しい」「友だちと一緒にいるのが楽しい」「給食を食べるのが楽しい」「学校生活すべてが楽しい」と思える学校を目指して参ります。

 

 本校は「仲よし学級」(知的障害特別支援学級)や「日本語クラブ」(日本語指導)が設置され、平成28年度からは「枝川小学校ひまわり教室」(情緒障害特別支援学級)も開設されました。そして、隣には、江東区立枝川幼稚園も併設されています。新校舎には「枝川きっずクラブ」があり、多くの子供たちが放課後の時間を友達と共に仲良く楽しく元気に過ごしています。枝川小学校は、異年齢の様々な友達と共に学び、共に遊ぶことのできる区内でも限られた併設校の一つです。そのよさを十分に生かして、子供たちに思いやりのある豊かな心を育くんで参ります。

 

 今後とも、枝川小学校と子供たちを力強くご支援いただきますよう、宜しくお願いいたします。

 

 

令和3年4月

江東区立枝川小学校

校長   加 藤  勲

更新日:2021年04月20日 19:32:42